“乳幼児教育アドバイザー”って聞いたことありますか?

 

乳幼児教育アドバイザーは、ギフト教育ラボが科学的根拠にもとづいた幼児教育“ギフト教育”を広めるために作った民間資格です。脳科学と心理学という科学的な観点から、子どもとの正しい接し方を学ぶことで、子育ての助けとなるように作られました。開発・監修されたのは、脳科学者の片野晶子さんと臨床心理士の松島雅美さん。二人の専門家によって作られたこの資格は、子育て中のママやパパだけでなく、保育士や幼稚園の先生など、幼児教育に仕事として携わる方からも注目されています。

 

⇒ ギフト教育ラボのギフト教育とは?(公式サイト)

乳幼児教育アドバイザーの資格を取るには?

考えている保育士

乳幼児教育アドバイザーは、この資格を運営しているギフト教育ラボに申し込んで学習するか、ギフト教育ラボに認定された講師が運営・所属するスクールなどで取得できます。実際にたくさんの方が、認定講師として活躍されているようですね。

 

⇒ ギフト教育ラボ 認定講師のご紹介(公式サイト)

 

なお、乳幼児教育アドバイザーの資格は、ギフト教育の入門編である初級から3級・2級・1級とレベルアップしていきます。また、ギフト教育を講師として広めたい!という方には、それに加えてインターンを含めた講師用の学習も必要になります。

 

ギフト教育ラボに通学して学習する場合は、代々木かお台場か横浜になりますが、自宅が遠方で通学できない方は、オンラインで学習することもできるので安心してください。詳しく知りたいという方は、無料で資料を送ってもらえますので、下のボタンからどうぞ。

 

資料請求(無料)はこちら

※“お問い合わせ内容”では“■資料請求”を選んでください。


乳幼児教育アドバイザーの資格におすすめの人は?

子育てしている人は全員!と言いたいところですが、次のうちどれかに当てはまる方ならきっと役に立つ資格ではないでしょうか。

  1. 保育士や幼稚園の先生、小児科や新生児科の医療関係者など、仕事で子どもと関わる方
  2. 科学的根拠のある知識を学んで、自分の子育てに活かしたい方
  3. 子育てについて不安や悩みを抱えているママ・パパの助けになりたい方

ギフト教育ラボの口コミ

それでは、実際に乳幼児アドバイザー講座を受講した方の口コミをご紹介しますね。

【講師の方の情熱がすごい】
教室の雰囲気も、明るくておしゃれな感じで気に入りました。講師の方とお話してみたのですが、幼児教育に対する情熱がすごくて、引き込まれました。人間は0〜3歳の間に土台ができて8割が決まってしまうというお言葉、胸に沁みました。三つ子の魂百までとはよく言ったものです。

引用元:健康・快適生活応援団

【子供の可能性を】
子供の可能性を広げてあげられるかもと受講しました。そして、今の時代にあったトレーニングを学べると思ったからです。「うちの子はどうして?」「うちの子はなんで……」をプラスに変えられるようになって良かったです。

引用元:ギフト教育ラボは怪しい!?その資格ちょっと待って!

【生まれ持った才能を】
子供の生まれ持った才能を伸ばすというところに共感しました。また「発達障害の見立てができる」ことにも感銘を受けました。どこに相談していいかわからないというママ達の手助けもできます。少しでも力になれることが嬉しく思います。

引用元:ギフト教育ラボは怪しい!?その資格ちょっと待って!

今まで以上に子どもの可能性を広げてあげたいと思い、ギフト教育ラボで勉強することにしました。こちらで勉強した内容は、育児に関することをひととおり学ぶことが出来たのがとても良かったと思っています。学んだことを活かし、家でサロンを開いて多くの人に広められたらと思っています。

引用元:ギフト教育ラボの評判ってどんな感じ?口コミをまとめて調査してみました

ギフト教育では、子どもの心を育て、生まれ持った能力を伸ばしてあげられるということで勉強してみることにしました。内容はとても良く、子育てママや幼児教育の先生にとても良い内容だと感じました。育児教育に対する科学的な根拠をきちんと理解出来、今まで以上に子育てが楽しくなりました。

引用元:ギフト教育ラボの評判ってどんな感じ?口コミをまとめて調査してみました

育児の情報についてネットで調べてみると、たくさんの情報が出てきて、中には矛盾するような内容もあります。実際にどれが本当なのか……と思っていた時に、ギフト教育を見つけ、きちんとこちらで学んでみることにしました。
(受講会場が遠かったので、オンライン講座で学ぶことにしました。)
実際に学んでみて『もっと早く知りたかったな…』と思うことがたくさんあり、ほんとうに良かったと思っています。育児は楽になり、気持ちの余裕が出来るようになりました。

引用元:ギフト教育ラボの評判ってどんな感じ?口コミをまとめて調査してみました

 

上記の口コミは一部ですが、調べた口コミをまとめると、以下のような内容になりました。

  • おしゃれな教室と賑やかな明るい雰囲気
  • 科学的な根拠のある知識を学ぶことで、子育てがより楽しくなり気持ちにも余裕ができる
  • 通学が難しい場合は、オンライン受講も可能
  • 教わった子育ての知識で悩んでいるママやパパを手助けしたり、周りに広めたりできる

ギフト教育ラボの各コース内容と期間

乳幼児教育アドバイザーの資格が取得できるギフト教育ラボには、各レベルや目的に合わせたコースがあります。自分が目指すところはどこなのか、参考にしてみてください。

 

【アドバンスコース(2級+3級)】
<全5回>受講時間:20時間 受講期限:6ヶ月
個性を伸ばすための脳の構造や心の発達、食事の影響など、基礎知識について学ぶ座学授業のプログラムです。さらに、食事・五感・記憶・言語発達・発達障害のトレーニング法や、保護者としての子どもの能力を引き出す関わり方やキレない子どもの育て方など、専門知識をベースに子育て全般をサポートできるようなることを目的としています。

 

子育て中のママ・パパにおすすめ!

 

【プロコース(1級+2級+3級)】
<全8回>受講時間:32時間 受講期限:12ヶ月
座学授業に加えて、実際に子どもと接しながらレクチャーを受けられる実技訓練のプログラムです。2級までで学んだことをギフト教育を受ける方に説明できたり、教材を正しく使えることを目的としています。

 

保育士や幼稚園の先生など、幼児教育に仕事で関わる方におすすめ!

 

【マスターコース】
受講時間:30時間 ※インターン含む
ギフト教育の講師を目指す方のためのプログラムです。より深い知識の習得はもちろんですが、インターンでの実践を通して、講師としての立ち居振る舞いや心構えなどを学ぶことができます。

 

独立して幼児教室やサロンを開業したい方や、ギフト教育の講師として活動したい方におすすめ!

 

そのほか、各級それぞれの単体受講や、各種インストラクターの1day講座もあります。詳細は公式サイトでご確認ください。

ギフト教育ラボの各コースにかかる費用

各コースの料金をまとめてみました。 ※2019年4月現在の料金です。

 

  アドバンスコース プロコース マスターコース
入学金 10,000円 10,000円
教材費 30,000円 60,000円 10,000円
受講料 103,000円 151,000円 78,000円
登録料 10,000円 10,000円
試験料 15,000円 10,000円
合計 158,000円 246,000円 98,000円

 

料金は変わっている可能性があるので、最新の料金や単体講座および各種インストラクターの1day講座の料金は、公式サイトで確認してみてください。

乳幼児教育アドバイザーの資格が活かせる主な仕事

乳幼児教育アドバイザーは、保育士や幼稚園教諭の方が仕事の延長上のスキルとして学んだり、子育て中のママ・パパが必要性を感じて取得したりといった場合が多いようですが、小さな子どもと関わる仕事であれば、きっと役に立つ資格です。そこで、この資格が活かせそうな仕事・職場をまとめてみました。
※乳幼児教育アドバイザー以外に専門的な資格を必要とする場合があります。

  • 保育園・幼稚園・託児所・ベビーホテル
  • 病院(小児科・新生児科など)
  • 派遣ベビーシッターや育児代行サービス
  • 幼児向けの各種スクールなど
  • 幼児教育関連の商品・サービスを扱う企業

この他にも色々と活躍できる仕事や場所はありそうですよね!

乳幼児教育アドバイザーとして独立するには?

独立して幼児教室やサロンを開きたい!

 

というのは、乳幼児教育アドバイザーの資格を取ろうと考えているなら、目標にしている方は少なくないかもしれません。では、幼児教育のプロである乳幼児教育アドバイザーとして独立するには、どういうステップが必要なのでしょうか?

 

1.乳幼児教育アドバイザー1級を取得!

当然ですが、まずは乳幼児教育アドバイザー1級を取得すること。コースでいうなら、プロコースに当たりますね。ギフト教育を教えていくには、知識を正しく理解する必要がありますから。

 

2.マスターコースで講師としての実力を養う!

マスターコースでは、インターンを通じて講師として必要なスキルを学ぶことができます。実践で学べるチャンス!

 

3.ギフト教育ラボのカリキュラムが修了した後は……?

カリキュラムの修了後にどうするかは、人によって分かれるところでしょう。やり方を学ぶためにどこかの幼児教室やスクールでまずは働いてみるか、それとも個人で活動を始めてみるか……。今はブログやSNSで情報を発信できるので、個人でも少しずつ認知度や信頼を高めていけます。
また、もし自分で幼児教室などを開かない場合でも、カルチャースクールで講座をもったり、派遣で講師をする、といったケースもあるようですね。

 

たとえどういう方法を選んだとしても、ギフト教育ラボなら相談にのったりバックアップしてもらえるはずです。
ただ、絶対に必要なのは“覚悟を持つこと”だそうです。困っているお母さんを助けたいという気持ちや、子どもの将来に関わるという責任を持つこと。この覚悟が持てないなら、独立できたとしても続けていくのは難しいでしょう。

最後に……

子どもを抱く保育士

少しはお役に立てたでしょうか?

 

乳幼児教育アドバイザーは、まだまだ資格としての知名度は低く、一般的にいえば知らない方がほとんどかもしれません。でも、あなたが子育てに悩んでいたり子どもと関わる環境にいるなら、きっと役に立つ知識とスキルが身に付く資格です。もし、興味があったり実際に体験してみたいなと思ったら、資料は無料で送ってもらえるので、下のボタンから請求してみてください。

 

資料請求(無料)はこちら

※“お問い合わせ内容”では“■資料請求”を選んでください。

 

このサイトをご覧いただき、ありがとうございました。